Island Life

2019/07/27

SAG-AFTRA conservatory: Voice Acting

今日のSAG-AFTRA ConservatoryはVoice actingで20年近いキャリアを持つTara PlattさんとYuri Lowenthalさん夫婦が講師。おもしろかったー

このお二人、とにかく喋る喋る。しかも二人同時に喋る。でもちゃんと肝心なところは重ならずにちゃんとわかる。しかし間を合わせてる様子が全くない。めいめいが好きなように喋っているようにしか見えないのに重ならない。すごい技だった。

さてvoice actingについてはこれまで聞いてきたことを裏付ける内容だった。

  • Theatre actingの訓練は前提。発声発音だけでなく、脚本分析、キャラクタビルディングなども同じ。声に特有のテクニカルな事情はある (マイクの前を離れられない、など) がそれは慣れの問題。
  • 「声優に向いた声」というのはない。どんな声質も個性であり、それに向いた役があるはず。必要なのは自分の声質を把握し、それにフィットする仕事を探し出すこと。
  • 様々な声を使い分けられるとか声を作れるというのは表面的なこと。まずは自分の自然な声を把握し、そこにバリエーションを加えて表現力を増やしてゆく。
  • 声の表現に敏感になること。普段から様々な声を聞いた時に、その声を聞いて自分は何を感じるのか、そう感じさせるのはどの要素によるものか、を分析する。
  • 声の仕事は芝居やカメラの仕事よりもさらに、事前に与えられる情報が少ない。自分の台詞だけが渡された場合は相手の台詞を想像しなければならない。キャラクタの背景が無ければ自分でobjective、obstacleを設定する必要がある。しかも当日にならないと最終脚本がわからない場合があるので、現場で一読してすぐchoiceを決定し演じられるように普段から準備しておくこと。

Tags: 芝居, SAG-AFTRA

2019/07/19

創作活動って自分を晒け出さねばならないところがある。映画や芝居など協同で何かをつくる時には、したがって、お互いが単にスキルを提供するだけでなく、普段は隠すような自分のコアな部分を、少しでも共有することになる。どんなに小さな役割でも、「その人にしか出来ない何か」が創作物の大釜に投入されていって、反応し合って作品が出来がある。一緒につくると、不思議な連帯感が生まれる。ハワイだとʻOhana と言ったりするんだけれど。人生の一部が互いに織り込まれてしまうというか。

なので、そうやって関わった人を失うと、たとえその人とプライベートで特に親しくなかったとしても、自分の人生のその部分が抜け落ちたような感覚にとらわれる。自分の人生のその部分には、他の誰でもない、その人が必要だったから。

京都アニメーションの事件は、だから、事件に遭わなくても仲間が巻き込まれた、という方々への影響もとても心配。

2019/06/20

ループを使わずに1から100まで

「ループ、再帰、gotoを使わずに1から100までを印字するC++プログラムは書けますか?」へのIchi Kanayaさんの回答 で紹介されている Conner Davis 氏の解がおもしろい。

1000/(999^2)を計算すると、

0.001002003...099100101...

というふうに小数点数以下3桁ごとに001, 002, ..., 099, 100 が現れる。任意精度演算ライブラリを使ってそこで表示を打ちきれば題意を満たす。

Gaucheは多倍長整数演算は組み込みで持っているが、任意精度の小数を計算するライブラリはついてこない。ただ、有理数で計算してスケールすることはできる。

あと、formatにはn桁ごとにコンマを入れる機能がある (桁数および挿入文字は指定可能)。なのでこうするとまるで1つづつ計算してるかのように:

gosh> (format #t "~399,'0:d\n" (floor (* (/ 1000 (square 999)) #e1e300)))
001,002,003,004,005,006,007,008,009,010,011,012,013,014,015,016,017,018,
019,020,021,022,023,024,025,026,027,028,029,030,031,032,033,034,035,036,
037,038,039,040,041,042,043,044,045,046,047,048,049,050,051,052,053,054,
055,056,057,058,059,060,061,062,063,064,065,066,067,068,069,070,071,072,
073,074,075,076,077,078,079,080,081,082,083,084,085,086,087,088,089,090,
091,092,093,094,095,096,097,098,099,100
#<undef>

(フォーマット指示子の399,'0のところは、冒頭に00を置くため。)

Tag: Gauche

2019/03/22

パスポートと免許更新

パスポートと運転免許が相次いで有効期限を迎えたので、どちらも残り1月を切ってからえっちらおっちらと重い腰を上げて更新手続きに行ってきた。パスポートは10年ぶり、免許も8年ぶりで、これだけ間が開くと色々変わっている。

パスポート写真は、前回は写真屋で撮ってもらった覚えがあるが、この10年で街の写真屋というのが悉く姿を消してしまった。日本みたいな自動の証明写真機械というのもあまり見ない。皆どうしてるんだとwebで調べるともはや時代は自分で撮って大きさ合わせてプリントするようになっていた。申請書もwebフォームに入力したらpdfがダウンロードできるので印刷して署名だけ記入すればよい。

免許の方はちょっとあせった。というのも、前回はダウンタウンのサテライトオフィスに直接行った覚えがあるので今回もそれだろうと思っていたんだが念のため調べると、なんとwebでの予約制になっていた。で、指定サイトに行ってダウンタウンオフィスを見ると、2ヶ月以上先まで埋まっているではないか。いやもう残り1ヶ月ないんだけど。あわてて他のDMVオフィスを一づつチェックするも、最短で1月ちょっと先が開いていたのが島の西側のDMV。一応予約を入れたがその日にはもう免許が切れているのでバスで2時間かけて行かばならない。いやそれだけでなく免許の無い数日間の子供の送迎やら買い物やら非常に面倒なことになった。

と、かみさんに愚痴ったら彼女すかさず奥様ネットワークを使って「朝早くDMVオフィスに行けば整理券が配られて当日手続きができる」という情報をゲットしてきた。そんなこと市のサイトに書いてないやんけ。ともかく期限内に更新できるならありがたい。翌日早速朝7時からダウンタウンに出かけて9時までには更新手続きを完了した。奥様ネットワークおそるべし。

前回はその場で新しい免許証もらえたような気がしたんだが勘違いだったかな。今回はその場でもらえたのはカラーコピーした紙の仮免許証で、プラスチックのやつはそれから数週間して郵送されてきた。

次は8年後だがまた色々変わってるんだろうか。

Tag: 生活

2018/12/17

Mojave & Synergy

MojaveにしたらSynergyがつながらなくなって1時間くらい浪費してしまった。

これで解決→ https://symless.com/forums/topic/5871-macos-mojave-beta-synergy-fails-to-start/

More entries ...